TOP 葬儀場 さまざまな形の葬儀場

さまざまな形の葬儀場

葬儀場というのは葬儀施設のことで、通夜、葬儀、告別式をするところであり、お亡くなりになった方を親族や生前からの知り合いが最期のお別れをする斎場です。

場所によっては従来の葬儀に付きまとうマイナスイメージを払拭するため、メモリアルホールのように名称を変えているところもあります。

大勢の方が参列できる大型葬に対応できるところ、こぢんまりとした家族葬に適したところなど、希望の葬儀形式によっても規模が変わります。施設によって設備も異なりますから、料金も違ってきます。

また、終活によって生前に葬儀場の予約ができるところもあり、今では生前に自分で最期を送れる斎場を決めることもできるようになりました。

葬儀場によって異なる費用

葬儀場で必要な費用は、葬儀会社や葬儀の種類によって異なります。しかし、葬儀の見積書をチェックすることで、何にお金がかかるのかを把握することが可能です。

例えば家族葬や一般葬を希望しているのであれば、棺や祭壇、式場使用料、ドライアイス、寝台車や霊柩車などの項目があり、これは基本的にはどこの葬儀会社も同じです。ただし、利用する地域によっても価格の設定は大きく異なるので、注意が必要です。

費用をできるだけ安く抑えたいという場合は、複数の葬儀会社から見積もりを取るといいでしょう。葬儀の内容をしっかりと確認して、見積もりを比較して最適な葬儀場を選びましょう。

葬儀場に関する情報

いざというときに慌てないための葬儀の手続きの流れ

家族が亡くなったとき、悲しみに浸る間もなくやらなくてはいけないことがたくさんあります。葬儀の前に死亡届の提出、死体火葬許可申請書・年金需給停止の手続き、介護保険資格喪失届や住民票抹消届、世帯主の変更届の提出、遺言書の検認など、故人の生活によって変わりますが、たくさんあります。

お金にまつわる手続きや名義変更・解約が主ですが、同居していても全てを把握できません。突然のことに備えて、元気なうちに家族で話し合いをしていることがベストですが、難しいでしょう。現在では市町村の窓口はもちろん、民間のサポート会社も増えているので、協力を得ながら落ち着いてすることが重要です。

葬儀場へ花を送るとき

訃報を聞き、葬儀に参列できない場合やお世話になった方へ特別な感謝を伝えたいとき、供花の寄贈を希望する方もいます。送る際にはまず、遺族の了承を得てからにします。

故人や遺族の意向により辞退される場合があるからです。了承をとったら、葬儀を担当している葬儀社へ連絡をし、供花の手配を依頼します。その際に必ず故人との関係と、送り主の名義が個人なのか会社名義なのかを伝えます。

自分で花屋に依頼して届けてもらうこともできますが、葬儀場に直接送っても良いか、花の種類はどんなものにしたら良いかなど、葬儀社や葬儀場への確認は必須となります。

葬儀は誰の為の儀式か

葬儀は故人を見送る大切な儀式です。ですが、半分は哀しみに暮れる遺族の慰めの為でもあります。

葬儀の挨拶文は、思い残さず故人へ語り、皆に故人の様に触れ、生前の鮮やかな彩りを思いだし、一会の終わりを飾ります。思いの丈を語れば十分ですが、最後だからこそこだわり、準備をと考えるのは当然です。儀式の相談とともに、挨拶文も、菩提寺等に一度目を通してもらいましょう。

特によくあるのは、仏教で式を行うのに、文に「天国」と表現してしまいがちです。仏教でおくられるのは「お浄土」です。お子様方にもよく言い含めましょう。他の宗派にも、宗旨で違いは多々あります。