TOP 葬儀場 葬儀場におけるオプション

葬儀場におけるオプション

葬儀場は葬祭場やセレモニーホールとも呼ばれ、通夜や告別式を行うための場所です。

葬儀場に葬儀を依頼する場合には、職員と遺族とが話し合ってどのような葬儀にするかを決定すします。その際、棺や骨箱、生花、会葬礼状などはオプションとして選ぶことができるようになっており、それぞれに料金が設定されているという業者が多くあります。

また、故人に対する直接的なオプションとして、湯灌やエンバーミング処置などを設定しているところもあります。遺族が故人の死による悲しみを乗り越えられるよう、様々なサービスが提供されています。

葬儀場に関する情報

故人と家族との最後の仕事場が葬儀場

葬儀場は、家族が故人との最後の行事をする場所です。故人との想い出を飾ったり、好きな食べ物をお供え物として祭壇に供えたりして、最後のお別れまで偲ぶ時間でもあります。

葬儀場のスタッフさんは、家族の慌ただしく過ぎていく時間をさり気なくサポートしてくれる存在でもあります。故人が亡くなると、目まぐるしいぐらい、決めなければいけない事があります。本来ならば、ゆっくりと別れの時間を過ごしたいです。これが家族の願いです。

少しでも家族に寄り添ってあげられるようにと、わずらわしい手続きや葬儀の段取り、きめ細やかな配慮をスタッフの方は身につけています。

葬儀に入るまでの慌ただしさ

身内が亡くなった時の慌ただしさは、何も考えられないくらいあっという間で、いつの間にか葬儀の準備にはいっています。どこのお寺にしますか、写真を準備してください、どのように連絡しますか、など次々に決めていかなければならないからです。故人の思い出を棺に入れるために大切にしていた物などを見て、懐かしむ時間が少し取れるくらいです。

その間も、弔問に訪れる方々の対応もあります。気がつけば通夜、翌日には最後の別れとなっています。

挨拶文を考える時間もなく葬儀が始まれば後は流れにそって動くだけです。この時も忘れ物があったりして後悔します。事前に準備はできないものですが、心得ておくことが大切かもしれません。

故人を想う葬儀のために

葬儀マナーと言っても宗派や地域などで多種多様に存在し参列者にとっては難しいものです。今更人には聞けない雰囲気もあり悩むところでもあるのも事実です。

一言で言えば故人を想う気持ちがあれば必然的にマナー違反にならないでしょう。ところで群馬県の一部の地域では香典が2種類あり一般と新生活と呼ばれます。

聞き慣れない新生活というのは引物のお返し辞退をするかわりに1000円程度の香典です。遺族の負担を減らし今後の新生活へ前向きに行って欲しいと言うのが由来です。

本来ならば通夜はごく親しい者だけで行うものでしたが、近年では仕事帰りに参列をするなど葬儀告別式よりも通夜の方が参列者も多い傾向にあります。

負担の少ない葬儀場へ

葬儀は多様化しております。葬儀会社も増加して、ご遺族はどういう形のお見送りが良いのか、ただでさえ忙しい中より忙しくなってしまいます。

葬儀場の手配においても、何処で何人収容可能なのか、食事の手配、お返しの数など、休む暇がありません。ご遺族の負担が少なくなるような形は無いのか、考えるべき点はまだまだありそうです。ご遺体を囲む供花を皆で創るのはいかがでしょうか。

例えば、参列者が御香典の他に花を一輪持参し、共に花立てを作りあげてゆくなどです。 ご遺族への思いも必要なのではないでしょうか。 柔軟に対応出来る葬儀場があれば、ご遺族の負担を軽く出来る葬儀が送られるような気がします。