TOP 葬儀 葬儀を小規模で行う時

葬儀を小規模で行う時

葬儀は予定していることではなく、突然執り行わなければならないことがほとんどです。

最近多くの方が利用している家族葬ですが、こちらは家族や親戚、親交が深かった友人といった、故人と親密な付き合いがあった方だけで執り行う、小規模な葬儀のことです。

小規模なので会場も小さく、余計な費用をかけずに必要なことだけを選んでおこなえて、比較的低料金で済ませられます。

それでは、家族葬に参列する人のマナーについてですが、家族葬といってもやはり費用はかかるので、御香典の金額は減らさず、故人を敬う気持ちで、それ相応の金額を包むのがマナーです。

葬儀に関する情報

葬儀場から抱くイメージ

葬儀場というと、どのような印象を抱くでしょうか。大切な家族や友人との別れの場であることから悲しい、暗い冷たいイメージを持つ人が多くいらっしゃることでしょう。

もちろん、別れの場であることに変わりはありませんが、それと同時に思い出に思いを馳せる場でもあります。

これまでの日々を思い、故人との思い出に浸るのも故人を偲ぶのに大切なのではないでしょうか。現在、葬儀場ではさまざまなニーズに応えられるオプションもあります。

家族や友人の葬儀を、納得のいく形で執り行えます。大切な故人との最後のお別れとなるので、心を込めて行いましょう。

身近な人の葬儀の際に知っておきたいこと

自分の身近な人が亡くなった時、深い悲しみの中、すぐに葬儀を行わないといけません。あまり時間がない中で、スムーズに手続きを行うために知っておきたい事を紹介していきます。

最近では終活という言葉も流行っていますので、亡くなる前にあらかじめ葬儀会場やプラン、香典返しなどを検討しておくのも良いかもしれません。

亡くなった後、葬儀会社が決まれば、色々な手続きについては会社の方が分かりやすく説明してくれますので、それを参考にしましょう。また、亡くなった時に誰に連絡をすればいいのかも前もって確認しておくのがいいでしょう。

葬儀場で葬儀をするか自宅でするか

葬儀の定義は、亡くなられた方を弔い葬る儀式です。葬儀全般は大体が二日にわたっておこなわれることが多いです。

一日目はお通夜、二日目は葬儀、告別式といった具合です。地域や宗教などいろいろな事情から、葬儀場ですべてをする方や、自宅ですべてを行う方など、さまざまです。

お通夜は、本来身近な方で、線香もしくは、ろうそく(宗教によって選び方は異なります)を絶やすことなく、故人とともに一晩を過ごす儀式です。葬儀、告別式は、翌日の昼間に故人が生前お世話になった仕事関係の方や、近所の方々などに参列してもらって送り出す儀式のことです。

葬儀のしきたりに自信がない方は専門家へ相談

葬儀のしきたりについて詳しいと自信がある方は少ないのではないでしょうか。参列したことがあるけれど喪主を務めた経験はない、両親など家族からなんとなく聞いているだけで、具体的な手続きや注意事項についてはあやふやというのが一般的な意見でしょう。

地方によって異なりますし、宗派の違いによっても弔い方は変わってくるものです。訃報は突然のことなので、前々から準備をしておくわけにいかないというのも悩ましいところです。やはり専門家である葬儀社に問い合わせするのがベターでしょう。

最近ではオプションも豊富なので、しきたりを守りながらも故人を尊重した個性豊かなお見送りができます。