TOP 葬儀 安らかに送り出す葬儀

安らかに送り出す葬儀

葬儀のしきたりは、地域や宗教によって異なります。

一般的にはお通夜と葬儀、告別式に分けて行われます。お通夜の前に故人を納める納棺の儀式というものもあり、生前に故人が使っていた小物や衣服なども一緒に入れます。

お通夜は僧侶が入場すると始まり、読経、焼香の順序で行われます。故人との関係が深い遺族、親族から順に焼香を行い、全員が焼香を終えたら通夜振る舞いへと移ります。

告別式の場合は全員の焼香が終わったら閉会の辞となり、故人に別れを告げます。その後柩を火葬場へと送りますが、喪主や親族は火葬に同行します。

火葬後は遺骨を骨壺に納め、一連の流れは終了となります。

多死社会における葬儀場の重要性

多死社会が到来しつつある現代において葬儀場の重要性は増しています。既に各地の葬儀場のキャパシティは限界に達しつつあり、社会的に費用を負担してでも増設することが求められています。

一方で、増設には近隣住民の反対運動が起こる可能性もありますが、慎重に調整を進めることで地域に溶け込み、共存できる施設として運営されることが理想的です。

技術面の進歩による焼却時の問題の低減や、スタッフのホスピタリティ向上、外観のカジュアル化などの工夫によりイメージも向上しつつあり、業界の努力が実りつつあります。死を身近に感じる機会としての教育機能を担うなど、地域社会との更なる共生が求められます。

葬儀に関する情報

葬儀の身だしなみについて

葬儀は突然です。亡くなられた家族は悲しみにくれるとこなく準備をしなくてはなりません。そのため最低限の大人のマナーとして喪服は必要です。いざないとなると慌てなければならないため、高校を卒業すると同時に用意した方がいいと思われます。

華美なネイルやヘアにも気をつけたいものです。急なことで仕方ないでは済まされないのです。葬儀中にも目立ってしまいかねません。ネイルは落とせるように髪の毛は明るい色なら束ねるように華美は必要ないです。

お見送りする気持ちも大事ですが、来ていただいた方に失礼がないようにするのも必要なことです。

海外と日本の葬儀の違い

葬儀は故人を弔う為の儀式の事です。葬儀にはしきたりがあり、国によって様々です。

日本は主に仏教の国なので、火葬が主流です。ですが、故人が亡くなってすぐは火葬が行う事が出来ません。何故なら、法律で「原則として24時間以内は火葬をしてはならない」と定められているからです。

日本は火葬が主流ですが、欧米では地中に遺体を納めた棺を埋葬する土葬が主流です。そのため、欧米諸国の人達は故人の遺骨を見る機会が滅多にありませんが、日本では火葬の後にお骨上げという、故人の遺骨を骨壺に入れる習慣があり、その時に見られます。

供花を葬儀場で手配する際の一般的な手順

葬儀場に飾られる供花について、詳しく知っている方はあまりいないでしょう。供花は死者の弔いや慰めを意味するのと併せて、殺風景な葬儀を飾る意味を持ちます。

また、葬儀に足を運ぶことができない人が贈ったり、香典の代わりとして贈るということもあります。

その贈り方は一般的には葬儀を行う葬儀場に手配をすることが多く、名前の書き方や札の書き方にもマナーがあります。親族ならば兄弟や子供などが連名で贈るのが通例ですし、法人や企業では企業名や代表者名を記載します。

手配自体を葬儀の場ですべて行うことが多いため、葬儀で支払いができるか、後日の支払いになるかなど確認をする必要もあります。